Event is FINISHED

千代田区100人カイギ Vol.6

Description
==============================
2019.5.14
会場都合により19:00開場、19:10開始に変更させていただきます。
直前の変更、ご迷惑をおかけいたします。
※19:00以前には会場に入ることができません

==============================


街で働く100人を起点に人をつなげる「100人カイギ」。
港区100人カイギ、渋谷区100人カイギ、横浜100人カイギに続き、
2018年10月から日本の中心とも言える千代田区でもスタートします。

千代田区内を拠点に活動する方々をゲストにお迎えし、自らの仕事や取り組みについてお話いただきます。
都市のあり方や魅力の発見を目的に、ゲストと参加者、参加者と参加者をゆるやかにつなぐコミュニティです。


もちろん千代田区に縁が無い方もご参加いただけます。

学校・お仕事帰り、是非気軽にお立ち寄りください!

※千代田区100人カイギVol.1 レポートはコチラ


==日時==
2019年5月14日(火曜日)
19:10〜21:00(開場19:00)


==場所==
Nagatacho GRID 6F
東京都千代田区平河町2丁目5−3


==参加費==
1000円(1ドリンク付)


==定員==
40名
※興味を持って頂ければ年齢性別問いません


==タイムテーブル==
19:00 開場
19:10 オープニング
19:15 チェックイン
19:20 ゲストトーク(10分×5名)
20:30 ネットワーキング
21:00 終了


==ゲスト==
① 市橋 正太郎(Ichihashi Syotaro)さん
Address Hopper Inc. CEO / HOPPING MAGAZINE 編集長 / サウナー



1987年生まれ。京都大学卒業。
株式会社サイバーエージェントにてAbemaTVなど新規事業のマーケティング責任者を経験。国内スタートアップに転職後、2017年12月から特定の拠点にこだわらず全国を移動しながら暮らすアドレスホッピングを始める。
2018年秋にアドレスホッパーのコミュニティを4人の仲間と共に立ち上げ、毎月HoppingBarなどイベントを開催。2019年3月からAddress Hopper Inc.をMatt Masui、高木新平と創業し、CEOに就任。アドレスホッピングという移動型ライフスタイルを新世代のカルチャーインフラにするため"HOPPING MAGAZINE"を創刊するなど、メディアを通じて発信を行う。
ちなみに、三度のメシよりサウナが好き。

② 池田 亮平(Ikeda Ryohei)さん
株式会社アドレス 事業開発部長 / フリーランス



東京大学文学部在学中、NPO法人アイセック・ジャパンにて人事責任者。
2003年より株式会社リンクアンドモチベーションにてコンサルティングと経営企画業務を担当。2008年よりソニー生命保険株式会社にてライフプランナーを約10年経験。並行して種々のコミュニティの立ち上げや運営を行い、2018年に独立後は、フィナンシャルプランニングと併せて、非金銭資本を重視したライフデザインのサポート。
現在は並行して、定額住み放題(co-living)サービスの「ADDress」を展開する、株式会社アドレスで事業開発部長を務める。
人生のMissionは、あらゆる人が人生の『豊かさ』を味わうことができる世の中に。

③ 伊藤 貴紀(Ito Takanori)さん
経済産業省 係長



東京大学経済学部卒業後、2014年に経済産業省入省。
APEC、次官若手プロジェクト、JIS法改正等に従事した後、トリプルダブリュージャパン株式会社に出向。次官若手プロジェクトでは、経産省次官と20~30代の経産省若手が国内外の社会構造の変化を把握し、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、世の中に広く問いかけることを目指した。
2017年5月に産業構造審議会総会の配布資料として『不安な個人、立ちすくむ国家』が公開されると、150万ダウンロードを記録した。トリプル・ダブリュー・ジャパンでは、排尿予測デバイスDFreeのマーケティングに従事。排尿のトラブルを抱える方の排尿自立が達成され、本人の尊厳が守られる社会の実現を目指す。

④ 乳原 佳代(Uhara Kayo)さん
印象戦略コンサルタント / 上智大学 グリーフケア研究所認定臨床傾聴士



英国ロンドンシティーリットで発声学を学ぶ。英国人エリートの話し方から場面に応じた服装選びまで、プレゼンに挑むストイックさに度肝を抜かれ心酔。
帰国後政治家や企業トップの印象戦略コンサルティング会社「キャステージ」を起業。現在上智大学グリーフケア研究所認定臨床傾聴師として「お辞儀の角度では被害者は癒されない」ことをクライアントと共有し、双方が次の一歩を踏み出せる謝罪会見等を手がける。
プライベートでは、麹町中学校「制服等検討委員会」スーパーバイザーに就任。子供達を救うSDGs循環制服の全国展開を目指す二児の母。ラジオ日本「ラジオ時事対談」レギュラー。

⑤ 宮田 紹介(Miyata Syosuke)さん
KITSUNE CURRY STAND 代表



テレビ局にて8年間、番組CG制作の会社に従事し、その後4年間の飲食修行を経て2009年カレー専門店「野毛山カレー食堂」開業。
2018年より2年連続NYにて期間限定レストラン「KITSUNE CURRY STAND」を展開。
その他、撮影現場専門ケータリング、カレールー卸売、メニュー開発コンサルティングなどの事業も。
2010年より4年間、調理専門学校「レコール・バンタン」にてカレー・スパイス学や飲食店開業コースの講師として教壇に立つ。


==Q&A==
Q、千代田区と縁が無いけれど参加可能でしょうか。
A、何方でもご参加頂けます。

Q、途中参加は可能でしょうか。
A、勿論問題ありません。

Q、参加費に関して当日支払いでも大丈夫でしょうか。
A、基本的にはPeatixにて事前決済をお願いいたします。

Q、Peatixで申し込んだのですが、キャンセル(払い戻し)は可能でしょうか。
A、申し訳ありませんが、基本的に払い戻しは承っておりません。主催者起因でイベントが中止になった際は、Peatixにて払い戻しさせて頂きます。

Q、千代田区を拠点に活動しているので登壇してみたいです。
A、登壇の確約は出来かねますが、是非当日お近くの運営スタッフへご相談頂くか、運営事務局代表の高山(wutang0421@gmail.com)までご連絡お願いいたします。

Q、是非登壇して欲しい友人がいます。
A、上記同様、運営事務局にご連絡お願いいたします。




[主催]千代田区100人カイギ運営事務局
 代表:高山道亘
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#434226 2019-05-14 08:07:45
More updates
Tue May 14, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,000
クラウドファンディング支援者 FULL
Venue Address
千代田区平河町2丁目5−3 Japan
Organizer
千代田区100人カイギ
360 Followers